臨床工学技士になろう!その仕事内容や資格取得はどうなってるの?|Professional Ones
HOME>ホットトピックス>臨床工学技士になろう!その仕事内容や資格取得はどうなってるの?

専門的な仕事をしたいなら

臨床工学技士は、臨床工学技士が今求められています。医療機器に詳しく人工呼吸やペースメーカーを扱える仕事ですから、就職先も困りません。そんな臨床工学技士についてのQ&Aをまとめてみたので進路の参考にし役立ててください。

臨床工学技士になるには?みんなのQ&Aまとめ

臨床工学技士の需要はありますか?

臨床工学技士は、人工透析や人工呼吸器の取り扱いができるのでどこでも需要がありますし、これからもその傾向は高まっていきます。

臨床工学技士になるには大学にいかないとなれませんか?

専門学校でも取れる資格です。ですが、学校を卒業したからと言ってなれるわけではなく、国家試験を受ける必要があります。

受験資格は誰にでも与えられますか?

臨床工学技士になるには、認められた機関で養成課程を修了しなければ受験資格はもらえません。

資格取得に必要な事

勉強

臨床工学技士は血液浄化装置・人工呼吸器・人工心肺装置などの生命維持管理装置の操作や保守管理を行う医療専門家になります。現代は医療技術の進歩と複雑化、医療設備の発達によって、臨床工学技士の必要性が高まっています。この資格を取得して、病気の患者を救おうと考えている人も大勢いるでしょう。しかし、医療技術の資格のため少々ハードルの高い資格になります。まず、資格を取るためには、大学や専門学校で指定科目を修得したうえで、受験資格を得る必要があります。さらに、受験資格者が国家試験に合格する必要があるのです。

受験資格を得る

臨床工学技士を目指す人向けに、多くの専門学校があります。そこに入学すれば必要な科目の履修ができ、受験することができます。同じように大学でも必要科目の受講をすることが必要です。大学の中には臨床工学のコースを設けている所もあります。しかし、学校を卒業しただけで臨床工学技士になれる訳ではありません。そこからさらに国家試験を受験して合格することが必要です。もちろん、学校での授業を一番に優先して、合格に必要な知識を身に付けることが重要です。

専門学校・通信教育

臨床工学技士の国家試験は大変難しいため、大学で学んだからと言って合格するとは限りません。そのため、さらに通信教育や専門学校で知識を身に付ける人も多くいます。専門学校の中には、大学・短大等で2年以上学び指定科目を履修した人のみを対象にしている所もあります。専門知識の基礎があることを前提に、さらに受験に必要な知識やテクニックを身に付けるための教育を行っています。

広告募集中